Vol. 15 心やさしく煌めき続ける大スター(前編)

Guest: 浅香唯 さん

entry015_photo01.jpg

大崎:
今回の対談のお相手は、歌手であり作詞も手掛けていらっしゃる浅香唯さんです。

浅香:
本日は、宜しくお願いします。

大崎:
浅香さんと言えば、スケバン刑事の風間三姉妹のお一人と言うことで、以前にご登場いただいた大西結花さんからのご縁を頂きました。

浅香:
7月に行われた風間三姉妹の復活コンサートの際には、色々とお心遣いをいただき、本当にありがとうございました。

大崎:
こちらこそ楽屋にお邪魔した際には、気持ちよくお話をさせていただいてとても嬉しかったです。機会があったら対談したいなと思っていたんですよ。

浅香:
それは、とても光栄です。

大崎:
本当に、沢山お聞きしたいことがあるのでどうぞ宜しくお願いします。

先ずは、デビューについて以前から謎に思っていたことがあるんですが、「浅香唯」というお名前は確か少女コミックのシューティングスターと言う漫画に出てきた主人公の名前ですよね。それがなぜ芸名になったのですか。

浅香:
小学館の「少女コミック」が主催となったコンテストがあったんです。
「浅香唯・・・ それはあなたのことです!!」
っていう広告が新聞に掲載されていたんですが、そのキャッチフレーズを見た瞬間に
「これは私の名前みたい」って感じたんですね。「副賞で赤いステレオももらえるから応募しちゃおう」という軽いノリで挑戦しちゃいました。

entry015_photo02.jpg

大崎:

ということは、幼少から芸能界に憧れていたということですか。

浅香:
いいえ、全くありませんでした。それどころか、このシューティングスターと言う漫画すら読んだことがなかったんですよ。

大崎:
本当ですか!? それでも選ばれるとは、もの凄く煌めいていたということですね(笑)。
そして、15歳で芸能活動を始められるわけですが、次の質問に「YES」「NO」でお答えください。

浅香:
わー、なんだかテレビみたい!

大崎:
では、いきますよ。
第一問 『オリコン順位は、結構気になっていた』

浅香:
『NO』逆に、スタッフの皆様からは、もっと気にしなさいと言われていました(笑)

大崎:
第二問 『スケバン刑事の放送のように、風間三姉妹で喧嘩をしたことがある』

浅香:
『NO』プライベートでは、とっても仲が良いです

大崎:
第三問 『正直言うと、歌いづらい曲があった』

entry015_photo03.jpg

浅香:

う~ん・・・『YES』 歌いづらいというか、歌うのが難しい曲はありました。

大崎:
第四問 『この先また、風間三姉妹で再結成コンサートなどするお考えは?』

浅香:
『YES』あくまでも理想ですけどね・・。
30年前のつま恋のコンサートの時に「遠い先に一緒に何かできたらいいね」っていうお話はしていたんですが、この先、今回のようなコンサートの実現は難しいかもしれません。
でも、また3人で何かできたら楽しいでしょうね。

大崎:
嬉しいなぁ。続いて
第五問 『とても可愛いお嬢様がらっしゃますが、ズバリ芸能界に入れたい?』

浅香:
以前は「NO」だったけど、今は『YES』かな
私がデビューした15歳に娘の年齢が近づいてくるにつれて、大人の目があることで精神的に成長することも大切だなと思うようになりました。ただ、一般的な青春を味わえませんでしたけどね(笑)

大崎:
第六問 今日の対談を楽しみにしていた

浅香:
勿論、『YES』大崎社長のお話って面白いんですもん

大崎:
そうですか、嬉しいなぁ!
まぁ、この状況で「NO」なんて言えませんよね(笑)
ところで、コンサートと言えば、唯さんは年末に恒例のバースデーコンサートを実施していらっしゃいますが、今回は、どんな感じなんですか。

浅香:
12月5日(土)、6日(日)に
『浅香唯 30th Memorial Live 2015 ~ 感謝をこめてリクエストパーティー ~』
と題して開催させていただきます。

タイトルの通り、30周年の節目にあたり、ファンの皆様やお世話になっているスタッフの皆様に、感謝の気持ちを伝えられるようなコンサートになったらなぁって思っています。

(後編に続く)

▼浅香唯さんのコンサート情報はこちら
http://www.yui-asaka.com/info_index.html


浅香唯(あさか ゆい)さんプロフィール

1984年:ザ・スカウトオーディションの浅香唯賞を受賞
1985年:シングル「夏少女」でレコードデビュー
Believe Again、C-Girl、セシル、TRUE LOVE、恋のロックンロールサーカス 他数々のヒットソングを歌う。
1986年:フジテレビ系連続ドラマ『スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇』に、主役の三代目 麻宮サキ役で出演
1997年:4年半の充電期間を経てシングル「Ring Ring Ring」(メルダック)の発売を機に活動を再開。
以降、歌手、タレント、女優として幅広い活動をしている。

 
▼YUI’S AVENUE
このページの先頭へ